地元・仙台でも新型ウイルス患者が出た、わたしの周りの反応

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

本日朝10時半ころ、付けていたテレビにいきなり速報が入って、すぐ臨時の記者会見が始まりました。

仙台で新型ウイルスの患者が初めて出た、との事。

今日はたまたま、お昼に友人で集まってご飯を食べる予定だったんですが………

特に変更なし!

誰も変更を言い出さず、普通に友人宅に一品持って集合。
皆「うん、まあ、とうとう来たよね~」のような感想でした。

「病気になった人は悪くない、運が悪かった、気の毒」
「クルーズ船のお客のひとりだったんだから、なっても仕方ない」
「元々、仙台は東北の中では交通の便でほかの地方と距離が近いんだからいずれ出るんじゃないかなと思ってた」

みたいな『患者さん気の毒』という意見が少しと

「外出禁止令みたいなのが出たら困るね」
「仕事もできなくなったりさ…(←彼の仕事はリモートワークできない系)」
「買い物とか…買い物に出られないってことはないだろうけど、流通に影響が出たりしてね」

という、『これから何が起こるかわからないんだけど、何すりゃいいの?』という意見が出ました。

偶然、子持ちの人は誰もいなかったんですが、子どもがいるご家庭は更に大変だろうな…と思います。
学校は休みだけど理由がウイルスだから「おでかけする」「外で遊ぶ」「友達と遊ぶ」という行為も自粛って事ですよね。ひたすら家に籠っていないといけないのか…。

不自由さは2011年の震災で長く体験しました。

今回の状況はまたあれとは違うんじゃないかなと思ってはいますが、その時その時で最善を尽くしていくしかないだろうし…とりあえずうがい手洗いとか早寝早起きとか、やれることをやっておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました