2019年も流行。一度もインフルエンザになったことのない管理人の、知らずにやっていた簡単な予防法

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんはインフルエンザになった事はありますか?

インフルエンザって人を選んでいるような気がするんですが、気のせいなんでしょうか。少なくともわたしの周りでは「かかった事のある人は何度もかかり、なったことのない人はまだ一度もなったことがない」という状態です。

でも、以前インフルエンザの簡単な予防方法を聞いて考えた事があります。

まずは、その簡単な方法について。

小まめに水を飲む」。これだけです。

水と書きましたがお茶でもコーヒーでも、飲み物なら何でもOK
そして「小まめに」とは具体的には15~20分に一口以上

ウイルスは乾燥していると動きが活発になるので、粘膜を頻繁に湿らせることで予防。そして飲み込んで胃に流しウイルスを抹消(インフルエンザウイルスよりも人間の胃酸のほうが強いので…人体、けっこう強靭ですね)。

そしてこの方法を聞いてわたしが考えたのは「病気って生活習慣に密接に関わっているんだな…」という事です。

もともと、わたしはお茶を飲むのが好きです。以前にこんな記事を出せたのも、飲むのをお茶に切り替えるだけでいいのでやってみた体験があったからなので。

そして職場環境も恵まれています。何か飲むのは自由なので仕事中ずっとちまちま飲み物を口にしていて、一日で500mlペットボトル2本は消費します。

わたしの友人で同じくインフル罹患率0回の人がいますが、彼女も生活習慣がわたしと似ています。お茶を飲むのが好き、睡眠時間は長めでぐっすり眠れる人間です。

体質や環境で健康は左右する。
逆にいい習慣を身に着けると、自動的に健康になる方向に自身をコントロールすることも可能なのかも…

そんな事を思いました。

こんな記事を書いておいてうっかり今年初でインフルエンザに罹ったりしたら恥ずかしいな…そうならないように、さらに水飲みに励みたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました