インフルエンザで無駄にしたお金、手続きをすれば払い戻し可能です

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

インフルエンザになってしまった。

予約し前払いまでしていた
旅行が…
新幹線のチケットが…
飛行機代が…

残念ですがどうしようもありません。無理して動いても辛いだけですし、「もう治りかけだから大丈夫」などと考えて移動するのはバイオテロリストです。

ですが、支払ったお金だけでも取り戻すことができます。
方法は以下の通り。

医師の診断書を貰う

まずはお医者さんに罹ります。そして「インフルエンザですね」と言われたら診断書が欲しいと伝えます。あるいは感染症でなかったとしても『これは絶対安静だろ』とお医者さんが判断したら出すので、感染症でなかったとしても出してもらえないか打診してみる。

理由を求められたら「家族旅行をしようと(あるいは出張のために)交通費を前払いしてて」と払い戻しのために使うと説明しましょう。

ちなみに診察料や薬代のほかに3000円くらいかかります。診断書も内容により金額が違いますが、インフルエンザなら3000~5000円。

即日出される場合もありますが、大抵は後日発行です。なので診断書を出してもらえるとなったら、それを入手する前にすぐ次の行動に移りましょう。

前もって連絡しておく

払い戻しをしてほしいところ…交通会社、ホテル、旅行会社…該当のところに前もって連絡です。体調が悪くても連絡です。

例え「体調不良による意識不明で連絡できなかった」というやむなしの理由があったとしても、連絡がないなら「連絡なしドタキャン」となり払い戻しはありません。どっちみち、予約済なら取り消す連絡は入れなくてはならないので「ついでに返金の話も聞く」状態です。

具合が悪すぎて電話で話せないほどなら家族や友人にとりあえず電話連絡だけでもしておいてもらいましょう。

電話口の人が返金可能か、その方法、手数料などを説明してくれます。

ちなみに返金できない事も当然あります。診断書がなくても返金OKの場合も、診断書があっても返金なしの場合もあります。返金は各会社が余分の手間をかけたサービスです。感謝のココロを忘れずに。

体調が悪いのに余分な出費はあるわ予定はだめになったわ、その上でいろいろしなくてはいけないのは踏んだり蹴ったりですが、旅費や交通費は割と高額ですから努力するメリットはあります。

本音を言えば、この知識を実践することがないといいのですが…

お大事に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました