花粉症の市販薬。選び方を薬局の薬剤師さんに教えてもらいました

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

※2020年2月に書いたものを更新したものです。


そろそろ花粉症の時期がやってきましたね。皆さん体調はいかがですか?

実はわたしは去年「あれ?花粉症かな?」という症状が出始めたのですが、市販薬で症状を数日抑えたら治まってしまい、結局はっきりしないままシーズンをやり過ごせてしまいました。

そして今年は症状がでていないので、あれは一過性のものだったと思います…というか思いたい。

でも再発に備え、その時に薬剤師さんに教えていただいた薬の選び方を忘備録代わりに記事にします。

去年ドラッグストアに駆け込んで棚の前を右往左往していたら声をかけてくださった薬剤師さん、本当にありがとうございます。的確な説明で大変助かりました。

もくじ

  • 薬の分類「第一世代」「第二世代」で 選ぶ
  • ひらめいた事、その答え
  • 市販薬のメリット、デメリット
  • 使ってみました

薬の分類「第一世代」「第二世代」で選ぶ

花粉症の市販薬は大きく2種類に分けることができるそうです。

分類は『第一世代』『第二世代』。

第一世代は、花粉症が出始めた初期の薬。昔から頑張ってくれたきたおくすりです。
コンタックパブロンなど、それまで花粉症に縁がなかったわたしでも聞いたことがある名前のものでした。

第二世代は最近出始めた、第一世代の短所を改善したもの。
アレグラクラリチンなど、ストアで大プッシュされていました。

そして特徴が、薬の成分の違い

第一世代は「よく効くけど眠気が強い」
第二世代は「眠くならないが効果は第一世代の半分~三分の一」

という薬で出来ているそうです。

…え…効果、さんぶんのいち?!
花粉症の薬は眠くなると聞いたことはあったんですが、睡魔に勝つためにそんなに効果を下げなくちゃいけないものなの…?

と思ったら、薬剤師さん曰く「うちの店員も半数が花粉症ですが、症状が重い人は実生活を犠牲にしてでも第一世代を選んでますね」

『実生活を犠牲にして』とはすごい表現…そんなに強いんですね眠気…。

ひらめいた事、その答え

説明を聞いていてふと、ひらめいた事。

「そんなに眠くなるなら、日中は第二世代、夜だけ第一世代を飲むのは?」
「おすすめできません」

夜だけ飲んでいると体が「夜は眠くなる薬が来る」と学習してしまい、薬に頼らないと眠れない体質になる可能性があるとの事。
すごいな人体の学習能力。わたし個人より物覚えがいいんじゃない?

市販薬のメリット、デメリット

メリットは「わざわざ病院に行かなくも入手できる」。

体調の悪いときには、病院に行くための気力と体力がない事もあります。具合が悪いと待ち時間がつらいんですよね…。
仕方のないことですが、花粉症のシーズンは特に混んでて待たされるし。実はこの体験も、病院に行ったのに待ち時間4時間と聴いて「やっぱりやめます」と出てきたその足で向かったドラックストアでの出来事です。

デメリットは「自分自身で選択し正しく利用しなければいけない」。

何のことかと言うと『どの症状を抑えたいか、どの程度の症状なのか』で薬のチョイスが変わり、飲むタイミングも成分によって違うので、シロウトでは

「せっかく買ったのにあんまり効かない」

という残念な結果になってしまう事もあるそうです。

現に薬剤師さんもまずわたしの症状を聞き(いつから症状がでたか、どんな症状か、どれくらいひどいか、鼻水と目のかゆみではどちらの方がより気になるか、等々)

「もし目のかゆみが酷くなってきたら、花粉症用の目薬もありますから併用も考慮にいれてみてください。でもいっぺんに使うのではなく、まずこちらだけを使って様子見で」

と、これを勧めてくれました。

Amazon | 【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品 | 久光製薬 | 風邪薬
【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品が風邪薬ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

(わたしが勧められたのは14錠です。お試しは少量で、との事でした)

市販薬ではありますが、わたしの症状に合わせてチョイスしてもらえて嬉しかったです。
今後なにかあって市販薬で済ます時も、ドラッグストアで薬剤師さんに声をかけ助言を求めていこうと思いました。

つかってみました

ちなみに、購入した時に「花粉症の薬の効果が出るのは12時間後です。効果の確認は半日後からですよ」と教えてもらいました。

そっかーと思いながら帰宅し、まず一錠。午後4時くらいだったので(効き目が出るのは朝4時以降か~)と確認して就寝。そして次の日、朝食後にまた一錠。

…自分が鼻水で苦しんでいた事をすっかり忘れて一日を過ごしていました。

帰宅してテーブルに出しておいた薬の箱を見て「あっそうだ薬!飲んでたんだった!」ってくらいに普通の生活に戻っていました。眠気もなし。

薬の威力ってすごいですね…。

ここで試しに飲まないで効果を切ってみれば、ホントにこの薬のおかげなのか、花粉症の疑いがただの早とちりだったのかハッキリしたんでしょうけど…できませんでした。

だってここ数日ポケットティッシュ必須だった、鼻水に煩わされない『普通の生活』をもう手放せない…!!

そして喉元過ぎれば熱さを忘れ、病院も「行かなくていいか…」と薬局で追加購入した2箱目の薬を飲み終える前にシーズン終了。10日程度飲んだだけで済んでしまいました。

ホントは花粉症じゃなかったのかな…?今年はまだ症状は出ていません。

とりあえず早寝したり食事に気を付けたり、体力を落とさないように心がけて生活していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました