大掃除:リストを作ってからやるべき一番大切な事は「あきらめる」

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

12月になり大掃除の気分になっている人も多いですね。クリスマスをしない、正月飾りもしないという人でも、大掃除は「やっておくか~」という意見が多いです。

でも普段から掃除に手を回していないと、いざ掃除をすると

「まずここを…あとあそこも…それにあっちもこの際やってしまいたい…」

「無理!」

となります。やり出すと目に留まるんですよね…。

そうならないために必要なのがリストアップ

ネット上でも効率的に大掃除を終わらせるべく、必要な道具は?時期はいつから?業者に頼む?など、様々なリストアップがおすすめされています。

そんな中、わたしのおすすめはタイトル通りです。「あきらめる」

あきらめる

大掃除できないと思えという意味ではありません。

リストアップした内容を見て「やれそうにないものはバッサリ切り捨てる」という意味です。

もしあなたが、大掃除をしよう!と思って内容や掃除したいところのリストアップを作ったのなら、それを改めて眺めてください。

それ…全部できますか?

できるならいいんです。それが理想だし、本来ならそうあったほうがいい。

でも、現代人は忙しい。特に12月は今年中に片づけなければいけない事もあるので、普段より忙しさと気ぜわしさが増します。

なので、優先順位を決めるところから始めましょう。掃除の、効率のいい順番を決めるのではなく「時間的にやれる所をピックアップ」です。

効率のよさを求めて時間切れになるよりは、手を付けたところだけでもちゃんと終わらせて達成感を得たほうがいい

体験談

わたしは去年、フローリングのワックス掛けを目標にしました。

ホントはワックス掛けの最適時期は春と秋なんですが、「今日は天気が悪いから」とか「予定していた日に予定が入っちゃった」などと言っていたらズルズルと12月に…。

そのため、こんな風に予定を立てました。

我が家のフローリング部分を「半日でワックス掛けできる面積」で数か所に分ける

予定を確認して半日掃除に使える日を押さえる

ワックス掛け箇所が3か所だったのに掃除に半日取れる日は2回しかなかった

一か所はあきらめた

代替案を出しておく(この時は「その日が湿度が高い・気温が低すぎてあまりにもワックス掛けに向かない時」はシューズボックスの掃除に切り替える)

道具を点検

その日に臨む

という流れです。

ホントは換気扇とか脱衣所の棚とかやりたいところは沢山あるんですけど、とりあえずワックス掛けに絞り、さらに実現可能にするため絞り込む。

こうしておくと大掃除の話題が出たときに「ワックス掛けと、シューズボックスの掃除をする予定」と答えられるし、終わったら達成感も得られました。

同じ事をやっても何故か「これをやる」と宣言してそれをちゃんと達成できると、満足感が違うので、ちょっとオトクです。

ちなみに今年は脱衣所を掃除する予定。
狭いくせに、上にも下にも収納場所があって洗濯機も置いているので掃除が行き届いていないんですよね…棚の中のものを全部出してチェックするつもりです。

皆さんに大掃除の予定はありますか?寒いので、お互い体調に気を付けながらやっていきましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました