大掃除2:どこを掃除しよう?決めるためにおすすめする方法2つ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前回は、「今から大掃除して間に合わないなら、潔くできる所だけ手を付けてキッチリ終わらせ、満足感も得よう」と書きました。

今回はその補足です。

やるところを絞って掃除をするぞ!…と決めても、どこにしよう?と迷ったときのポイントは2つ。

  1. 自分が気になっているところ
  2. 他人目線で目立つところ

どちらかを選んでみましょう。

1、自分が気になっているところ

毎朝家を出るとき、ドアの隅が砂埃でグレーになっているのが気になる。

お風呂上りに体を拭いているとき、脱衣所の床が薄汚れているのを見る。

そういう、ちょっと気になっていたけど日常でスルーできてしまうところに手を付けてみるのはいかがですか?

これをやると、「毎日目にしては気になるところ」が「毎日目にする所は自分が掃除した成果でキレイ」に変わります。

2、他人目線で目立つところ

誰かの家にお邪魔して、「あっちょっとここが…」と思ったことはありませんか?それを自宅でチェックしてみましょう。人のふり見て我がふり直せ。

個人的に、いままでお邪魔した場所でわたしが気になったのは、

レースのカーテンの汚れ
(特に白いレース。黄ばんでいたり下がカビていたり)
天井の蜘蛛の巣
(わたしは視力がいいのでそのせいもありますが)
棚にモノが多すぎる
(紙類とか小物とかがごちゃごちゃ…でもわかる。ついやっちゃう)

です。

皆さんの自宅はどうですか?わたしは、あー…ちょっと棚に物が多いかな…反省…

大掃除に整理整頓…「いらないものを捨てて、残ったものを整える」のに励むのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました