家の中でできる事:古い写真を整理。フォトスキャンアプリを使ってみました

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

必要なもの

アプリ「フォトスキャンby Googleフォト」
根気
パソコン(あったら)

所要時間

いっぱい

政府からインドアを推されている現状

趣味で忙しい巣ごもり生活。

部屋の整理整頓にも手を付けたら押し入れから古いアルバムが出てきて「やりたい事」がまた増えてしまいました。

古い写真の整理です。

昔のアルバムって、頻繁に見返したりしません。しかも昭和のアルバムはすごいゴッツいので場所を取る。
かといって「じゃ捨てるか!」というのもちょっと惜しい。捨てたら最後、二度と手に入らないモノです。全部じゃなくても、幾らかは残しておきたい。

という訳で、写真をデジタルデータ化してみようと思いました。
実は以前からちょっと気になってたし、いい機会です。

まずは、スキャンに使うものを調べました。

「フォトスキャンby Googleフォト」というアプリに決定

理由は、andloidスマホもパソコンも同じGoogleアカウントで利用しているから。

目的が整理整頓なので、デジタルデータ化してSDカードやDVD-Rに保管をしたい。そのためにはスマホで撮った写真をパソコンに移動する必要がある

じゃ、共通のGoogleドライブに入れてしまえばいいのでは?と考えたからです。

さっそくやってみます。まずは生の写真を一枚準備。

普通に撮ったのでテーブルの木目も写る

うちにいたネコの写真です。これをデータにして保管してみます。

まずはスマホ側で作業

「フォトスキャンby Googleフォト」をスマホにダウンロードします。

そして写真を撮影。

このアプリについては特に書きません。先人達が操作方法をネットに上げてくれていますし、元々このアプリは出てくる説明を読みながら操作できる親切設計です。

説明通りに画面を動かすと…無事、写真はアプリ内にデータとして収まりました。

端末の中だけで眺めるなら、これだけで作業終了です。メールに添付したり、LINEで誰かに送ったり、自由自在。

今回はDVDでの保管を目指しているので、ここからさらに作業します。

写真を選択した状態で画面端の「く」マークを選び「ドライブに保存」を選択

そしてスマホ内のGoogleドライブを見てみると、ちゃんと先ほどスキャンした写真が入っている事、そしてデータ形式はjpgである事が確認できました。

そしてパソコン側で作業

ここでパソコン側に作業をバトンタッチ。

パソコンのブラウザでGoogleドライブを開くと、当然こちらでも先ほどの写真が確認できます。
右クリックして「ダウンロード」を選択すると、パソコンのダウンロード用フォルダに入りました。

まずは試しに、手持ちのCD-Rに…コピーできました!
この方法でディスク保管できる事を確認!

よーし、あとはこの作業を、写真分繰り返すだけです。………何枚あるのかわからないけど…。

メリットデメリット

メリット

  • 操作が簡単、パソコンへの移動も簡単
  • DVDやCD(長期保管に向いてる)への書き込みができる

せっかくデジタル化するので、二重三重のバックアップとしてクラウドにもディスクにもSDカードにも保存しておきます。

そしてSDカードにデータを入れたら、なんとテレビ画面で写真鑑賞が可能でした。

我が家のテレビはスライドショー機能もついていたので、大きなデジタルフレームとしても使う事ができることが発覚。これ、地味に嬉しかったです。
って、買ってから何年経ったと思ってるんだ!気づかずすいませんメーカーさんありがとうございます!

デメリット

  • どの写真を残すか選別作業が必須(全部スキャンは作業量がツライ)
  • 単純操作の連続
  • 写真が白枠で囲まれ“フォトスキャンbyGoogleフォト”の文字が入る

白いフレームとができてGoogleの文字が入っちゃうのが悩ましい…ちょっとですけど、写真の雰囲気が変わってしまう印象を受けます。もともと白枠付きの写真なら気にならないのかな…?

まとめ

お金を出せば違うスキャンアプリもあるし、そもそも業者にお願いする方法もあるのに、自分で、無料で、これだけ綺麗にスキャンできるので文句は言えません。

でもフレームと文字…気になっちゃうんですよね…。
あとひとつふたつ、他のアプリを試してみて決めたいと思います。

コメント

  1. […] 前回に続き写真の整理です。 […]

タイトルとURLをコピーしました