写真の整理、新たにアプリやソフトをインストールせずにやってみました

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

必要なもの

Googleドライブ(スマホにプリインストールされていたもの)
根気

所要時間

いっぱい

写真のデジタル化、「フォトスキャンByGoogleフォト」以外

前回に続き写真の整理です。

「フォトスキャンByGoogleフォト」で、スキャン自体は大満足の出来。

でも、ホントにささいな事なんですが挿入される白い枠と文字が気になるため、他アプリも試してみようと決意。

この写真が、Googleのスキャンアプリだと…
ホワイトフレーム+文字が挿入される

さてどんなアプリがあるんだろう…と思った時、突然気づいた事があります。

プリインストールされている数々のGoogleアプリを。

というか、正確には前回も利用したGoogleドライブです。これの中に「スキャン」という機能が入っている…!?(今さら何言ってるんだというツッコミはナシで…)

Googleドライブのスキャン機能を使ってみたら一瞬の怪奇現象

さっそく撮影したところ…

スマホの画面上にあやしいイキモノが!

ギャッ化け猫!

あーやっぱりダメか…と思いつつ、フォルダの中を確認した所…

…あれ?さっきのバケネコは?

どうやら、あれはシャッターを押した一瞬だけの現象のようです。フォルダには、ちゃんとスキャンできている普通の写真が収まっていました。何だったんだ一体…。

とりあえず、見比べてみます。

「フォトスキャンByGoogleフォト」との比較

これが普通に撮ったもの。

当然ですが、テーブルの木目も写る

これがフォトスキャンByGoogleフォト。

自アプリをハッキリ主張

そしてこれが、Googleドライブのスキャン機能。

おお…スキャンの出来には差がないのでは?
スキャン機能に問題なし、それなら余分なものが付け足されない分、わたしの理想に近い…やった!

と思いきや、やっぱり完璧ではなかったのです。

アプリは美人がお好き?

機能に喜んで他の写真をスキャンしたところ「一部分しかスキャンしない」現象が多々現れ始めました。

例えば…昔の記念写真って、下に写真のデータが印刷されていますよね(今も?)。
「平成××年×月×日 第×回〇〇学校 音楽祭」みたいなヤツ。
その文字部分だけを読み込み、肝心の写真部分はスキャンしない、そういう状態です。

一番笑ったのは、「わたし、男性、女性」という友達3人の写真を、ガッツリ女性一人の顔部分だけ読み込んでみせた時です。アプリお前、美人にだけ仕事するんじゃない!

アプリに仕事をえり好みされると、一回ごとに撮った後確認しなくてはいけなくなります。問題ないときはホントに何も問題ないんですが…うーん。

軍配は「フォトスキャンByGoogleフォト」へ

という訳で、Googleドライブのスキャン機能は今回は使わないことにしました。
やはり専用アプリは強い、というトコロでしょうか。

そしてアプリ比較はこれで終わって、写真整理に入りたいと思います。
そもそもの目的がスキャンアプリ探しではなく写真整理なので、時間を本題に使っていかないと出したアルバムがいつまでも片付かないので…。

すぐに終わる作業ではないので、そのうちに他のいいアプリに出会えるかもしれません。
そう思いつつ、とりあえず片づけていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました