南天の剪定、無事3月中にやり終えました

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

2月中からやりたいことリストに入れていた南天の強剪定、ようやく先日終わりました。
天候や体調が休日と合わず、もう出来ないかと諦めかけていましたが…よかった~。

剪定前の写真

この通り、何も手入れしていなかったので縦に伸びてしまっています。
南天って手を入れないとヤシの木みたいに、下がスカスカのままひたすら先端だけモサモサ生えて伸びていくんですね…。

まず、以前シャラの木の剪定時と同じく家族から『剪定して枯れても責任は問わない』と約束を取り付けました。それから実行。根回し大切です。

調べたところ南天は生命力が強く、
混みあっていたら剪定する
伸びすぎたら剪定する
古い枝は剪定する

と、とにかく剪定しろ!ばっかり書いていました。
逆に剪定しないと手に負えなくなってしまうとか。

でも、そんなに生命力が強いならシロウトが切っても大丈夫そう。ちょっと安心して作業にかかり…1時間後、こうなりました。

南天(アローラのすがた)

本当はもうちょっと背を低くしたかったんですが、ここまで切った時点で「これ以上切って、ホントに大丈夫なのだろうか…」とひるんでしまい、今年はここまで。
この状態で今年1年様子を見て、大丈夫だったら6月や11月にまた剪定をしようと思います。

さて、後片付け。

幸い仙台市では普通の家庭ゴミで出すことが可能です。

枝と葉っぱを切り分けて、枝は束ねます。

この日は同時にタイヤ交換もしました


枝のほうはこの縛ってある紐に指定ゴミ袋を括っておくと「ゴミ袋に入れている」とみなして回収してもらえます。
葉っぱは小さめに切ってゴミ袋に。細かくしたら1袋で済みました。
計2袋で全部片付きます。

個人的には庭仕事って片付けが面倒だと思うんですが、適当にゴミ袋に突っ込むとかさばって集積場に何往復もするハメになるので、こういう作業はちゃんと手をかけてます。
プロに頼むと楽なのは、ちゃんとプロの技でカットしてもらえる上にさらに後片付けもお任せできちゃうからですよね。そして、だからこそそれなりの料金を払うんですよね…。


我が家はセルフカットですが、とにかく、お手入れしてあげられてよかった!

まあ、現時点で見返すたびに「うーん、やっぱりもうちょっと小さい方が良かった」と思っちゃうんですが、今まで手入れしなかったのだから仕方がありません。そこは割り切りが必要。
これからはちゃんと手を入れて、理想の形に近づけて行きたいと思います。

枯れないでがんばってくれ南天。

コメント

タイトルとURLをコピーしました