石油ストーブの上での料理をおすすめ(注意:ストウブ鍋の記事ではありません、反射式ストーブです)

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんの冬の間の暖房器具は何ですか?我が家は反射板ストーブ…灯油を入れて使う、昔ながらのストーブです。

割と人を選ぶ道具だと思います。臭いがダメで使用できないひともいるし、火災防止のためそもそも使用禁止の所もあるし。

わたしがまだ子どもだった昔、我が家でも安全性や手軽さからファンヒーター優勢になっていました。わたし一人が自室で反射式を利用していたのですが、ある日夜に停電が起こり復旧までの約半日間、家中で使える暖房がそれ一台だけになったという悲惨な出来事がありました。真冬の東北でなんてこった…!

それ以降、必ず2台は反射式ストーブを置くようになっています。東日本大震災のときもそれで助かりました。暖房だけでなく、上で煮炊きができる。そして暗い中でもかすかに明るい。心細い非常時にはホントに万能の道具でした。

そして平常に戻った今でも、ストーブの上で料理をしています。作りながら、これは非常時には向かないな…とか、もっと簡単にできないかな、とか、なんとなく地震のときに思いを馳せながら。

ちなみにストーブの上で調理をする際の注意点は、大きすぎる鍋を使わないこと。乗っけたときにストーブ本体からはみ出すようだと危険です。

またこれは個人的なライフハックですが、鍋の取っ手を右側にするのをおすすめします。何故かストーブは灯油タンクが右側なので、そちらに取っ手を伸ばすと握る時に熱くないし、脇を通るときに引っ掛ける危険性も低くなります。

…余談ですが。今回のタイトルのカッコ書き、ご存知ない人にはナゾの書き足しになっております。

「ストウブ」という調理用品のすごくいいブランドがあり、それと間違えてきた方がいたら申し訳ないなと思いましてこうしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました