黒ずんだアクセサリーを重曹とホイルで磨きました

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

お正月にやっていたちまちま作業。アクセサリーの黒ずみ取りです。
ターゲットは片づけで出て来た、シルバーネックレス。

シルバー…?

ペンダントトップは別に用意するタイプのモノで、本来は銀色の奇麗なチェーンなのですが…経年劣化ですっかり黒ずんでいます。
金具自体はまだしっかりしているので、元の輝きが戻ればまた使おう!と、磨いてみることにしました。

重曹とアルミホイルと、もうひとつ

調べてみたら、アルミホイルと重曹とお湯を混ぜたものでアクセサリーが磨けるとの事。

なんでもできる訳ではなく、硫化…つまり「シルバーが経年劣化や汗などに反応してできる黒ずみ」に有効。
さらに、他の金属やジュエリーが付いているものやメッキだったら痛んじゃうので不可、との事。

幸い今回のアクセサリーはチェーンだけで飾りはついていません。問題なし。
メッキかどうかは…
………どうやって見分ければいいんだ…。
まあ、いいや。元々このままでは使えないんだから、イチかバチかでやってみます!

この方法は有名らしく、いろいろなサイトで紹介されているのですが「お湯を入れるので耐熱の容器に」と書いてあります。

でも後片付けが面倒なので、わたしは紙コップを使用。

コップにアルミホイルを敷いて…

ネックレスを入れ、重曹を大さじ1杯と70℃くらいのお湯を注ぎます。

湯気でぼんやりした写真に

少しすると「しゅわしゅわ」みたいな音が聞こえてきました。これは、注いだ直後の炭酸飲料の音…!

覗いてみたら、泡が出ていました。

お湯が水に戻るまで冷えたら終了。よく水道水ですすいで、

あれ?

………あんまり奇麗になってない…。
え、失敗?

合わせ技で成功!

諦めきれず、さらに磨いてみることにしました。

程よい力でしごくようにゴシゴシ。

お?

おおお~!キレイ!やった!うれしい!

使ったのは普通の布じゃなく、ジュエリークロスです。
さすがにこういう柔らかい布じゃないとアクセサリーを「ぐいぐい」と遠慮なく拭けません。

Amazon | 【TOWN TALK(タウントーク)】金、プラチナ製品用 ジュエリークロス | クリーニング・ケア用品 通販
【TOWN TALK(タウントーク)】金、プラチナ製品用 ジュエリークロスがクリーニング・ケア用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

実は最初これで普通に磨いたんですが、まったく効果がでなかったんです。
で、仕方なく今回の重曹での作業に踏み込んだんですが、先ほどのように作業単体ではこちらも効果なし。

でもやりかたを調べた時「重曹は汚れを浮かせるから奇麗になる」とあったのを覚えていたため、作業後の今なら汚れが浮いて取れやすくなっているのでは?とトライしてみました。

そしたら成功!やったー!

こうしてキレイにすると、とたんに使いたい意欲が出てきますね。これに合うペンダントトップが欲しいんだけど、今の状態ではお店をウロウロする気分じゃないし、通販ではチェーンとの相性をつかみにくいし…

コロナが収まったら買い物。
これを楽しみにして、大切に保管しておきます。

使用後のアルミは化学変化で色が変わっていました

コメント

タイトルとURLをコピーしました