「プロフェッショナル」志麻さんのレモンケーキのレシピ、+微調整が必要でした

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

味は問題なくおいしかったですし、微調節の半分は自分のミスのリカバリです…

先日、NHKの番組「プロフェッショナル」で“お手軽レモンケーキ”のレシピが紹介されていました。タサン志麻さんという方のレシピは割と「ちょっとやってみようかな…」と思わせる魅力がありますね。

録画したので動画で手順を確認できるし、NHKのサイトでちゃんとレシピも出ている。

それでも戸惑ってしまう人はいるのです、ここに。…ほら、シロウトなので…。

レシピは簡単

「特別企画!プロのおうちごはん第3弾」 - プロフェッショナル 仕事の流儀
緊急企画「おうちごはん」第3弾。自宅で過ごす時間を楽しくするために『食』を究めたプロが結集し、簡単・絶品レシピを紹介。『伝説の家政婦』と呼ばれるタサン志麻さんは「フランス風グラタン」。世界一のジェラート職人・柴野大造さんは「アイスケーキ」。ショコラティエ・三枝俊介さんの「フレンチトースト」など今すぐ作りたくなるレシピが...

平たく説明すると
「ホットケーキミックスにバターと卵とハチミツとレモン汁を入れて混ぜ、型に流して上に薄切りレモンを乗っけて焼く」
という、名前に偽りなし、ホントにお手軽なお菓子です。

問題は上記のレシピ通り、材料を全部混ぜた時に発生しました。

「…この生地、何か…様子が違う…?」

録画を確認したところ、やはり違いました。
志麻さんが「こんな感じですね」と混ぜながら見せてくれているボールの中身は「とろり」としているのに、わたしのボールの中の記事は「ボソボソ」に近い。

何か…分量を間違えた…?

成功には微調整と度胸が必須

まず材料を図った時点で違いはあったんです。
レシピでは「レモン汁 1個分(30g)」だったんですが、わたしが購入したレモンは小ぶりだったので2個絞らないと30gになりませんでした。

小さいのしかなかった

でも個数じゃなくてグラムのほうに合わせたから、液体的にはこれで問題ないはず…何故?

再確認したところ、原因が分かりました。

ホットケーキミックスの量が違う。

志麻さんは1袋150gのものを使用していましたが、わたしが購入したのは1袋200gでした!
あああもう混ぜてしまった…!もっとちゃんと確認すべきだった…!

…まあ、やってしまったのは仕方ない。リカバリ方法を考えます。

一番確実なのは「他の材料も足す」なんですが、もうバターがないんですよね…。

とりあえずレモン汁を+10g足してみて混ぜて…あっダメだ、まだ硬い。
仕方ない卵も追加。
1個割りほぐし、半分くらいの量注いで混ぜてみます。…あっ近い感じになったけど…まだ硬い。

…全部入れちゃえ!(グリグリ混ぜて)ヨシッそれっぽくなりましたー!

いいんですこういうのは結果が全て!お願いおいしく焼けて!

祈る気持ちで飾りレモンを添え、オーブンへ。

結果…

よかったー真っ当な外見のものが出来上がりました!

味も…あっ良かった~、ちゃんとおいしい!しっとりとはちょっと遠い感じがしますが、パサパサって訳でもないですし、許容範囲内。
わたしの失敗でバターが不足してたせいかもしれませんし…。

追記:ケーキのパサパサについて別記事を書きました

まとめ

レシピ通りに作ったのに何か違う…って、割とある事だと思うんです。

「ダメだこれはわたしに合わない」で一回きりになる事もありますが、
「ここをちょっと工夫してもう一回やってみようかな?」と思うことも時々あって、

…再チャレンジしておいしく出来た時はちょっと嬉しいです。

今回はそんな楽しさを初回で味わってしまいました。幸いまだレモンが残っているので、今度は志麻さんが言っていた通り「大人向けにすりおろした皮を入れる」パターンをやってみようと思います。

追記:すりおろした皮を入れたパターン、やってみました。そして宣言!皮、入れたほうがいいです!

コメント

  1. […] 「プロフェッショナル」志麻さんのレモンケーキのレシピ、+微調整が必要… […]

タイトルとURLをコピーしました